« お彼岸のおはぎ | トップページ | 踏み切り »

2013.09.26

巨大なゴーヤを道端でもらう

長男が通っている高校は、「田舎」にあります。JRの駅からバスに乗って15分。どんどん風景が変わります。
学校の裏手には、梨の即売所がいくつもあるような場所です。
校歌は「梨、香る~♪」ではじまります。
学園祭にも「梨」の字が入りますし、学校のマスコット(ゆるキャラ?)も、梨がモチーフです。

古くから住んでいらっしゃる方々と、新しく建った住宅に最近入られた方々。バスはいつも高校前までけっこう人が乗っています。

ありがたいことに、近隣の住民のみなさんと高校との関係がとてもよくて、地元のお祭りに高校生のバトン部や吹奏楽部が出演したり、学園祭に住民の方々がいらしてくださったり、という環境です。
「自転車のマナーが悪い生徒がいる!」
といったお叱りをいただく一方で、旧校舎の建て替え工事にあたっては、理解を示してくださいます。
「○○高の生徒さんは、いい子だ」
おおむね、そういう評価をいただいているようです。

先日、長男が、大きな梨を持って帰りました。
「どうしたの?」
「バス停でバス待ってたら、知らないおばさんが、くれた」
なんか、そういう場所なのです。
子どもたちにとっては、「見られている」わけですから、うっとうしいと思うこともあるかもしれません。しかし、親からすれば、学校を一歩出ても、たくさんの「目」があるのは、とてもありがたいことだと思うのです。
これは、卒業生を含め、この高校の生徒たちが長い時間をかけてつくりあげてきた、信頼なのだと思います。

今日、用事があって高校へ行ってきました。
帰り道、バス停へ向かう途中、以前たまたま、このあたりで一回だけ立ち話をしたことがあるおじさんに出会いました。
「ああ、こんにちは!」
「お、今日はなんだい? 忙しいね。そうそう、ニガウリ、食うか?」
「はい、食べます」
「これ、やるよ」
とんでもなくデカいゴーヤでした。
578535_524605127613944_2120665510_n
わかります?
大き目のリュックが、これだけでいっぱいになるくらいの、とんでもなく立派なゴーヤ。ピッカピカ。
ありがたくいただいて帰り、野郎3人のお腹に入りました。

なんか、うれしかったなー。
長男が梨をもらって帰ったとき、「おまえ、よっぽど、ひもじそうに見えたんだろ!」なんて、からかってたんですが、僕も相当なものだったようです。
「わらしべ長者」になれるかも。この高校、好きだ~!

|

« お彼岸のおはぎ | トップページ | 踏み切り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/58271980

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大なゴーヤを道端でもらう:

« お彼岸のおはぎ | トップページ | 踏み切り »