« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013.11.29

兄弟の会話(2013.11.29.)

圧倒的に不器用な兄と、比較的に器用な弟の会話。

兄「父さん、コートのボタンがとれたままなんだよ。つけてくんない?」
僕「弟に頼んでみたら? ……タダってわけにはいかないかもな」

兄「なあ、80円で、コートのボタン、つけてくんない?」
弟「なんで80円?」
兄「今の全財産」

弟「うーん、80円かー」
兄「安いんだったら、今度こづかいもらってからの後払いでどう?」

弟「それより、明日、(バンドの)練習スタジオに連れてってくんない?」
兄「いいけど……。オレ、金ない……」
弟「立て替えとくよ」
兄「じゃ、それで。お願いします!」

無事にコートのボタンはつき、無事に明日、二人で練習スタジオに行くことになりました。
課題曲は、レッチリの「ダニー・カリフォルニア」。
次男は、ベースを完コピしたみたいです。

こういう一瞬を、いつまでも忘れないでいてほしいなー。音楽とともに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.11.27

千葉県市川市で、島根県安来市の蕎麦を食う

しばらくまえに、通院先の整形外科で、「市川のグルメ」みたいな小冊子を読んでいて発見。
なんでも、僕の実家がある、島根県安来市のそば粉を使っているそば屋が、近所にあるらしい。
安来のソバ?
イマイチ、ピンとこないのですが、行ってみました。

三本松前 三久庵

住所・アクセス(地図を見る)
千葉県市川市市川1‐6‐15
JR市川駅徒歩3分/市川駅から149m/14号線寄りにございます。

営業時間・定休日
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:月曜・第3火曜/月曜祝日の場合営業して翌日休み

P013066283_238

P013066262_238

数年前に、周辺一帯の建て替え工事がおこなわれ、ずいぶんきれいなお店になりました。

注文したのは、ランチのせいろセット。
せいろそば、炊き込みご飯、お新香つき。

P013066304_98

島根、鳥取のソバといえば、小麦粉の比率が少なく、黒くてボソッとした麺。でも、それがうまいんだよなー。
出雲、松江あたりでソバを食うなら、割子(わりご)そば。小さな器が3段重ねになっていて、薬味を変えて食う。かー、いいねー。
つゆは甘辛。器のソバに、直接かけて食べます。

しかし、安来でそばを栽培してるって、あんまり聞いたことがないな。

ここ、三久庵のソバは、東京風。白いソバ。のどごしつるつる系。
僕は、「黒いソバ」と「白いソバ」は別のものだと考えているので、これはこれで、あり、です。
ふつうに、「白い」ソバでした。おいしかった。

ランチタイムだったので、お店の人に詳しい話を聞くことはできませんでしたが、いちおう島根の味、ということで。
ごちそうさまでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.11.24

誕生日は焼肉。火ぶたを切る。牛だけど。

次男の誕生日のお祝いに、家族で焼肉を食べに行きました。あ、牛角ね、もちろん。
本当は火曜日なんですが、平日は子どもたちもいそがしいので。

誕生日の焼肉は、恒例。というか、子どもの誕生日にしか、焼肉には行きません。
誕生日恒例の「焼肉」を安くあげる方法 ←2年前の長男の誕生日。

今日は、主役の次男に朝から指令。「今夜の焼肉のメインは、何で行く? 考えといて」。結論は「ハラミ」でした。
よっしゃ。

焼肉って「火ぶたを切る」って感じがしますね。牛だけど。開戦! みたいな。肉だけど。海鮮じゃないけど。
うりゃ。ハラミ、ドーンと5人前、持ってきちゃって、お姉さん!

強気に「もっと行けるよ」と、飯をおかわりする長男。しかも大盛りだ。小学生のとき、ペースを見誤って、焼肉もどしちゃったあの子がねぇ。大きくなったねぇ。

一方、お腹の具合と相談しながら、慎重に追加する、次男。
性格、出るねー。

今日は、寡黙な長男が、お道化役。笑った笑った。
帰り道、「あれ、ところで、おまえ、いくつになるんだっけ?」って聞いたら、「14歳」だって。
帰宅してすぐ、長男の本棚をさがして、手渡しました。
石田衣良の傑作、『4TEEN』。
少年よ、自転車を飛ばして行け!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.11.12

高校生がコーヒー

高3の長男が、まがりなりにも受験勉強をしています。
合間に毎日、自分でインスタントコーヒーをつくって飲んでいます。
最近、ミネラル・ウオーターを使うようになりました。「こだわり」なんでしょうか。

以前は、トップバリュのPB商品を買い足していたのですが、一度安売りをしていたちょっと高いのを買って帰ったら、「次からもこれにしてくれ!」と。「こだわり」ですかね。
でも、ヤツはいまだに、牛乳と砂糖をたっぷりいれないと、コーヒーが飲めません。

僕が高校生だった頃、喫茶店めぐりにハマっていました。
ひとりで、または友達と、学生服のまま喫茶店に入り、コーヒーを頼む。タバコが吸えれば、なお可。

同席した友人の友人が、「僕、モカね」と注文したときには、びっくりしたなー。しばらく流行りました。「モカね」。
何が「モカね」だよ、まったく!
思い出すと、たまらなく恥ずかしい。

友人の中には、コーヒー・サイフォンを購入するヤツがいました。豆を手で挽いてたヤツもいました。
同級生のいつもの部屋で、うやうやしく取りだされたコーヒー・サイフォン。「ゴポゴポゴポ」つって逆流するのは、いかにも「本格的!」で、「すげー!」と思いました。
あれ、お母さんが洗ってたのかなー。

しばらくして、駅ナカの喫茶店でなにげなく頼んだコーヒー。僕がはじめて「コーヒー、うまい!」と思ったお店でした。観察してたら、サイフォンじゃなくて、布でドリップしてました。

「見かけはサイフォンがすげーけどな、味はドリップだよ!」
……何様だよ、オレ。

「男のこだわり」のはじまりは、高校生のコーヒーかもしれません。
知ったかぶり。見かけから入る。奥が深そう。道具にこる。

インターネットの時代になっても、自分の息子が背伸びをして、飲めもしないコーヒー(しかもインスタント)を飲んでるのをみていると、「男の子って、単純」と思ってしまうのでした。
ああ、恥ずかしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.11.02

2013年10月始まりの22:00ドラマ

実は、一カ月たったいまですが、録画を観るのが追いつきません。
平日、火曜から金曜までの毎晩たった一時間とはいえ、のんびりテレビドラマを観る時間があるというのは、けっこう大変なことなのだなぁ、と今さらながら感じております。

【火曜日】
よろず占い処 陰陽屋へようこそ(フジテレビ系)
主演の錦戸亮は、関ジャニ∞の人。知念侑李は、Hey! Say! JUMPの人。これを機会に覚えましょう。
いわゆる、ジャニーズ・ドラマは、「先輩ジャニーズと、後輩ジャニーズの共演」という、タテ社会というか、体育会系というか、そういうシステムになっている場合が多いのです。かつては錦戸亮も、「後輩」でした。立派になったものです。
杉良太郎の出演は、見ものですね。あと、変わらない南野陽子と見栄晴。そのままでいてね。
倉科カナの、うなじが気になります。

【水曜日】
ダンダリン 労働基準監督官(日本テレビ系)
「竹内結子が、髪まで切ったのに、人気がなくなりそうな役をやってるぞー!」という感想です。女子は、ダメなんじゃないですかね、このキャラは。
さて、佐野史郎・賀来千香子・松任谷由実、というスロットがそろってしまいまいた。イヤでも、かつてのドラマ「誰にも言えない」を思い出してしまう、ゾロ目です。でも、たぶん、最初から狙ったわけじゃない。僕の予想は、佐野・松任谷、ときたので、この際、賀来も連れてきちゃった、というもの。その程度じゃないッスかね。

【木曜日】
独身貴族(フジテレビ系)
草彅剛と伊藤英明に、北川景子が絡みます。北川景子って、いつもおんなじ顔してる。
オープニングとエンディングの、切り絵のアニメ、好きです。そんなとこしか、ほめられないのかよ!
ほめられないんだよ!
えーっと、下っ端役の藤ヶ谷太輔は、Kis-My-Ft2の人です。略して「キスマイ」。そんなことしか印象にないのかよ! ないんだよ!

【金曜日】
クロコーチ(TBS系)
3億円事件が、あやしく絡む、警察のウラもの。原作はマンガですが、ちょっと読んでみたいかも。

長瀬智也と、この時間帯にははじめて登場の、剛力彩芽。いや、かつて「IS[アイエス]~男でも女でもない性~」というドラマに出てました。僕はこのドラマで、はじめて剛力彩芽を知ったのでした。いやあ、こんなに立派になっちゃって。
あやしい研究員で、いい味出してた香椎由宇、ご懐妊のため降板。残念。このひと、「モリのアサガオ」のときもそうだったよね?
で、後任が、芦名星。歓迎します。

今期は、圧倒的に「クロコーチ」じゃないですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »