« わが家のインフルエンザ、ダメダメ看病記 | トップページ | 出版社の営業マン(2) »

2014.02.26

息子たちとローリングストーンズ。

2014.02.26.
東京ドーム。一曲目は「一人ぼっちの世界」だった。
こんな日がやってくるなんて。
これ以上の幸せがあるだろうか。

1964926_601075096633613_179062703_n

毎回、思うんだ。「タンブリング・ダイス」の後奏が、永遠に続かないかなーって。
息子たちは、何を感じたんだろう?

|

« わが家のインフルエンザ、ダメダメ看病記 | トップページ | 出版社の営業マン(2) »

コメント

息子さんたちと行かれたのですね。

「ひとりぼっちの世界」を聞くと
中学生の時がよみがえります。

私は一人で行って来ましたよ~~\(^o^)/
最高でした!!

さっき家に帰って来ました。
夢のような時でした。
まろさんに会わないかな~~とか思いながら
ドームの中を歩きましたよ(^◇^)

息子さんの初生ストーンズ体験はどんなでしたでしょうか?興味ありますね。

投稿: 小径 | 2014.02.28 19:40

小径さん、おつかれさまでした。
サイコーでしたよね!
僕は、子どもたちとは別の席で、ひとりで観ました。よかったです、別の席で。
ちょっとだけ、「Wild Horses」の意味がわかったような気がしました。

投稿: まろ | 2014.02.28 23:24

まろさん、息子さんたちとは違う席・・・よかったですね。
その気持ちわかりますよ。

私はGLAYの時は最初娘に連れて行ってもらったから今でも一緒で全然かまわないのですけど
もしGLAYファン以外の友達が一緒に行きたいとか言ったら、それは無理なんです。
何というか・・・自分の本性を見られるような気がして・・・恥ずかしい。

私の前にいた男性たちも仕事帰りでしょう、ひとりで来て、スーツ姿で踊り狂っていました(笑)

「Wild Horses」の意味ですか・・・今一度確認してみます。

投稿: 小径 | 2014.03.01 13:13

僕もアリーナの一番後ろのほうでした。
お客さん、みんなはしゃいでましたね。
よかったよかった。

投稿: まろ | 2014.03.01 14:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/59204582

この記事へのトラックバック一覧です: 息子たちとローリングストーンズ。:

« わが家のインフルエンザ、ダメダメ看病記 | トップページ | 出版社の営業マン(2) »