« 「たぶん、キーが合わなかったんだと思うんだよね」 | トップページ | 脱毛サロンのかきいれどき »

2014.06.13

山口冨士夫、晩年の活動記録した映画「皆殺しのバラード」

2014年6月9日 18:00 「ナタリー」記事より転載

--------------
山口冨士夫のライブドキュメンタリー映画「山口冨士夫 / 皆殺しのバラード」が8月9~15日に東京・シネマート新宿にてレイトショーで上映される。

この作品は2013年8月14日に逝去した山口の1周忌にあわせて公開されるもの。bloodthirsty butchersを追った映画「kocorono」などを手がけた映像作家・川口潤が監督 / 撮影を務めた映画で、病魔や老いと戦いながらライブ活動を続けていた晩年の山口の姿を捉えた作品となっている。川口は「『こういうロックの道があるんだ』ということを多くの若い人に知ってもらいたい」という思いで制作した。なお本作は大阪、名古屋でも公開が予定されており、オフィシャルFacebookでは各地の自主上映興行の募集を受け付けている。

また7月31日には山口のCD付き写真集「SING YOUR OWN STORY(仮)」も発売される。この作品はフォトグラファーの名越啓介によるもので、山口の貴重なプライベートな姿も観ることができる。

山口冨士夫 / 皆殺しのバラード

2014年8月9日(土)~15日(金) 東京都 シネマート新宿
配給:アイランドフィルムズ

川口潤コメント

なにか自分に出来る事で冨士夫さんの一周忌を偲ぶ機会を作れないか、という想いで制作しました。とにかく私は冨士夫さんのライブを撮影していて面白かった。晩年は確かに昔の鋭さは失っていたが、その代わりに豊かになった部分があったと思う。それを残したい、伝えたい。そして「こういうロックの道があるんだ」ということを多くの若い人に知ってもらいたい。
--------------

最新情報は、下記facebookページで。
山口冨士夫/皆殺しのバラード

写真集の詳細情報も待たれます。

|

« 「たぶん、キーが合わなかったんだと思うんだよね」 | トップページ | 脱毛サロンのかきいれどき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/59806074

この記事へのトラックバック一覧です: 山口冨士夫、晩年の活動記録した映画「皆殺しのバラード」:

« 「たぶん、キーが合わなかったんだと思うんだよね」 | トップページ | 脱毛サロンのかきいれどき »