« 山口冨士夫、晩年の活動記録した映画「皆殺しのバラード」 | トップページ | 「英語対中国語」第三次世界大戦勃発 »

2014.06.23

脱毛サロンのかきいれどき

6月に入ると、電車の中の広告が、すっかり「トリンドル玲奈 vs. ローラ」の様相を呈しておりました。
脱毛サロン、夏本番直前、新規顧客獲得キャンペーンです。

300x250
Img01_2


ともにキャンペーン期間は、6/1~30。「脱毛人気部位上位2カ所がセットで●●円!」
上位2カ所とは、わき、と、Vゾーンだそうであります。

身近な女子に聞いてみたところ、そういうところで脱毛してもらうというのは、比較的最近になってポピュラーになったのではないか、とのこと。
「Vゾーン」については、「水着を着る若い子が対象ね」とのこと。
たしかに、僕も明日ビキニの撮影があると言われたら、お手入れをするかもしれない。

6月中旬には、ローラの広告期間が終了。いまや、トリンドルの独壇場です。
一生懸命抜く人がいれば、一生懸命育てる人もいる。
どちらもお金がかかるわけです。

夕方、何気なくさわった自分の髪の毛。こめかみのうしろ、耳の上あたり。妙な感触があったので、指先であやしいヤツをとらえて引っこ抜いてみたら、びっくりするくらいきれいに縮れた髪の毛でした。

わかりやすく言いましょう。
まるっきり、陰毛。

陰毛って、生えたときから縮れてるんですかね?
生えてから縮れるんですかね?

毛って悩ましい。

|

« 山口冨士夫、晩年の活動記録した映画「皆殺しのバラード」 | トップページ | 「英語対中国語」第三次世界大戦勃発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/59861142

この記事へのトラックバック一覧です: 脱毛サロンのかきいれどき:

« 山口冨士夫、晩年の活動記録した映画「皆殺しのバラード」 | トップページ | 「英語対中国語」第三次世界大戦勃発 »