« 「英語対中国語」第三次世界大戦勃発 | トップページ | 「PRIVATE CASSETTE」山口冨士夫 »

2014.07.10

志村けん一座 第9回公演「志村魂~『一姫二太郎三かぼちゃ』~」

志村けんの、生の舞台を観てきました。生まれてはじめての、ナマ志村。非常にうれしいです。

志村けん一座 第9回公演「志村魂~『一姫二太郎三かぼちゃ』~」

一幕約90分、25分の休憩をはさんで二幕。つまり正味3時間。
まずは「バカ殿」ではじまり、コント・アラカルト。やっぱり「ひとみばあさん」が、いいやねー。

休憩明けは、志村けんの津軽三味線から。
続けて、ラサール石井”潤色”による松竹新喜劇「一姫二太郎三かぼちゃ」まで。

ときたま見せる、「素」の志村けんは、想像通りすごーくシャイ。三味線の曲紹介とか、ボソボソっとするの。照れてるの。コントだとあんななのにね。
時折入る、「観客にもわかるアドリブ」。本気で困ったり、笑いが止まらなくなる出演者。
やっぱり、生ってすごいです。

そして往年の名相方、いしのようこが帰ってきました。ブランクを感じさせない「間」でした。やせた?
今夜一番のシーンは、いしのようこが桑野信義と志村けんを、「昔このコントやってた頃は地毛だったのに、いつのまにかカツラになりやがって、まったくどいつもこいつも!」と見事に斬って捨てた場面ではなかったでしょうか。

しかしあらためて、「8時だヨ! 全員集合」を、一度ナマで観てみたかったと思いました。バンドが入って、アイドルの歌のコーナーもあって1時間って、すごい。

当時のアイドルは、コントもできなきゃいけませんでした。しかも生放送だ。全員集合なくして、のちの伊藤蘭、田中好子、松田聖子……は、いない。

そして、忘れてはいけません。近年世界に羽ばたいた、由紀さおり。断言しよう。ドリフのコントなくしては、絶対にピンク・マティーニのヒットはなかった。

志村けん、64歳。まだまだ。

|

« 「英語対中国語」第三次世界大戦勃発 | トップページ | 「PRIVATE CASSETTE」山口冨士夫 »

コメント

「志村魂」行ったのですね!!
羨ましい!

私もずっと一度観たいと思っているのですが、なかなか関西で見つけられなくて。
石野洋子・・・この前NHKの時代劇ドラマに出ていましたが本当にいい味だしていました。うまかったです。
みんな歳をとってしまって・・・ですけど、それだから出る味もありますね。
いつまでもバカやり続けてほしいです。

投稿: 小径 | 2014.07.16 09:14

そうそう。いつまでもバカを。
フォーエバー・バカ。
相当練習したであろう津軽三味線を披露しても、後ろを向くとおしり丸出しにせずにはいられない志村けんが、大好きです。

投稿: まろ | 2014.07.16 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/59961800

この記事へのトラックバック一覧です: 志村けん一座 第9回公演「志村魂~『一姫二太郎三かぼちゃ』~」:

» 志村けん 最新情報 - Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 [Nowpie (なうぴー) お笑い芸人]
志村けん の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2014.07.17 05:55

« 「英語対中国語」第三次世界大戦勃発 | トップページ | 「PRIVATE CASSETTE」山口冨士夫 »