« 助演(脇役)に観る2015年1月はじまりの22:00ドラマ | トップページ | 2015年4月はじまりの22:00ドラマ »

2015.04.24

ペットボトルのキャップ、どうしますか?

息子たちが通っていた中学校では、生徒会が中心となって(※正確な流れはわかりませんが、つまり生徒たちが主導する形で)ペットボトルのキャップを集めてきました。

わが家では、子どもが卒業したいまも、キャップを取っておく習慣が続いています。
そこへ、このニュース。
ペットボトルふた回収のNPO、ワクチン代寄付滞る

NPO法人「エコキャップ推進協会(エコ推)」が、2013年9月以降、キャップの売却益があるにもかかわらず、ワクチン代に寄付していなかったという記事です。
ただし、うちの子たちが通っていた中学校で集めたキャップが、どこへ送られていたのかは、未確認です。
もしかしたら、別の団体に送っていたのかもしれません。

NPOの運営は、大変だと思います。
利益を超えた目的があるとはいえ、団体を維持するためには経費がかかるでしょう。
それがうまくいかなかったのかもしれません。
しかし、全国で「善意」の名のもとに、ボランティア活動を推進してきた子どもたちがいるわけです。
NPO法人「エコキャップ推進協会(エコ推)」には、そうした善意のボランティアを行ってきたたくさんの人々に対して、説明責任があると思います。

「ボランティアっていっても、結局大人たちは自分のことしか考えてないじゃん」
と、子どもたちに感じてほしくない。

息子たち、ふたりとも高校ではこのような活動はないようです。
しかし、家庭でキャップを集めるという習慣は、簡単には変えられない。

調べたら、イオンがキャップ回収に取り組んでいるようです。
Index_img004jpg_1829117454

この図を見るかぎり、今回ニュースになったNPO法人「エコキャップ推進協会(エコ推)」は経由していないようです。
イオン → リサイクル業者 → 現金がイオンへバック → その現金を3つのNPO法人に提供
という流れ。
今後は、たまったキャップはイオンに持ち込もうかなあ。

そしてもうひとつ。
小学校では、ベルマークを集めていました。月に一回、PTAの役員さんがまとめて、たまったら学校の設備を購入していました(一輪車とかね)。
ファミリーマートのおにぎりにはベルマークがついている

とっくに小学校は卒業したのですが、ベルマーク集めの習慣は変えられません。
いまでもベルマーク、集めています。
たまったベルマークは、ファミリーマートに持っていきます。
自分の子どもたちが通った学校にわたるとはかぎりませんが、どこかの学校の役に立てばうれしい。

キャップもベルマークも、それ自体が問題なわけじゃない。
たまたま、キャップの回収をしていたNPOのひとつがワクチンに変えられなかったのだ、と理解しています。

このニュースで、ボランティアとか、ちょっとした社会貢献などを、疑ってしまう人たちがいるとイヤだな。
ちゃんとしてるところも、あるんじゃないかな。

|

« 助演(脇役)に観る2015年1月はじまりの22:00ドラマ | トップページ | 2015年4月はじまりの22:00ドラマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/61487744

この記事へのトラックバック一覧です: ペットボトルのキャップ、どうしますか?:

« 助演(脇役)に観る2015年1月はじまりの22:00ドラマ | トップページ | 2015年4月はじまりの22:00ドラマ »