« 2015.11.14.ライブ@市川真間アルマナックハウス、セットリスト | トップページ | ひかり号と小川洋子の相性について »

2015.12.01

ハヤシさん、心を広く。

昨夜のメニューは、ハヤシライスでした。
市販のルウ、安売りの牛肉、タマネギ、しめじ。
とてもおいしくできました。

次男との会話。
「うおっ! なにこれ? カレー? 違うな。ハヤシライス!」
「うまっ! これうまいよ!」

どうどう。
おかわりをしながら次男からの質問。
「ハヤシライスの語源って、どっちが正しいんだろうね?」

以下、Wikipediaより。
「ハヤシライスとは、薄切り肉とタマネギをバターで炒め、赤ワインとドミグラスソースで煮たものを白飯の上にかけた料理。」

「ハッシュド(Hashed)・「はやす」説
ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス(Hashed beef with Rice[1])が「ハッシ・ライス」あるいは「ハイシ・ライス」となり、それが訛って「ハヤシライス」となったとする説。」

「早矢仕有的説
丸善創業者の早矢仕有的(はやし ゆうてき)が作った牛肉と野菜のごった煮に由来するとする説。」

「父さんとしては、仕事柄おつきあいのあった、丸善さんを信じたいなあ」
「まあ、そりゃそうだろうね」

「だけど、気になるのが、”早矢仕”(はやし)っていう漢字なんだよなあ」
「どうして?」

「もしも丸善の創業者の”早矢仕”さんが心の狭い人で、あくまでも”早矢仕”にこだわって、世の中では圧倒的に多いはずの”林”さんを、ないがしろにしてたら、いやだなあ」
「ああ、うちは”早矢仕”ですから。”林”じゃありませんから、みたいな」

「そうすると、全国の”林”さんは、微妙な気持ちだと思うんだよねえ」
「ああ、ハヤシライスだけど、”林”ライスじゃないわけだ」

「カレーライスにくらべてハヤシライスが、いまいち市民権を得ない理由を探っていったら、”早矢仕”さんのこだわりにぶつかったりしたら、イヤだなあ」
「”林”さんも仲間に入れていたら、もっとハヤシライスが普及したかもしれない説ね」

「調べた結果、もし”早矢仕”さん狭量説が実証されたとしても、父さんはそれを発表しないね」
「そうだね。全国の”早矢仕”さんのためにも、”林”さんのためにも、ハヤシライスのためにも、よくないね」

という会話をしながら、親子でハヤシライスのおかわりを続けました。
なにしろおいしいんです。たまに食べるハヤシライスは。

|

« 2015.11.14.ライブ@市川真間アルマナックハウス、セットリスト | トップページ | ひかり号と小川洋子の相性について »

コメント

ハヤシライス食いてぇ~!!それも絶対に家で多めに作ったやつ。たまに食うとホント美味いよねぇ。うちの親父は、たしか「ハイライ」って言ってたな。

投稿: いさお | 2015.12.07 04:57

たしかにハヤシライスは外で食うと、なんか物足りないかなあ。
やっぱり家で鍋いっぱいに作りたいよね!

投稿: まろ | 2015.12.07 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/62785562

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤシさん、心を広く。:

« 2015.11.14.ライブ@市川真間アルマナックハウス、セットリスト | トップページ | ひかり号と小川洋子の相性について »